物件情報はどうやって探すの?

新築一戸建ての建売住宅は注文住宅を建てるのと違い、土地探しと家づくりを別々に行う面倒もないですし間取りも使いやすいものが最初から設定されています。そのため注文住宅と比べて手間いらずだと思われていますが誤った認識でいると失敗する元にもなります。今回は新築一戸建ての建売住宅を賢く探すためにポイントをまとめてみようと思います。マイホームを考える人はまず「一戸建てにするかマンションにするか」「新築にするか中古にするか」「建売にするか注文住宅」にするかで迷うことでしょう。

家族の意見が合わずに、揉めてしまうこともあるかもしれません。しかし無事に「新築一戸建ての建売にする」と決まったとしても、実はそこからさらに決めなくてはいけない事が膨大にあるのです。まず新築建売の一戸建て住宅を探すのは案外大変です。中古一戸建てであれば賃貸のように各不動産業者が物件情報を共有しあっていますし、ネットや住宅情報誌で比較的簡単に物件を見つけることができます。

また新築マンションなら、売り出し中のマンション情報を集めた専門のサイトもありますし、売主側がサイトを開設して販売していることもあります。しかし新築の建売住宅となると話は違ってきます。賃貸や中古物件のように不動産業者の情報網には登録されていませんし、売主が未公開物件にしていて情報を公開していない場合もあるのです。大規模な分譲住宅地などであれば大きく宣伝広告も出しているので比較的簡単に見つけることができるでしょうが、少ない区画しか販売されていない建売住宅であれば見つけるのはとても困難です。

そのため「新築建売物件を買おう」と決めた時は自分から積極的に情報を求めなければいけません。有力な情報源になるのは新聞です。新聞の折り込み広告や地域情報欄には新築建売住宅の情報が沢山載っています。もし新聞を取っていないという場合は、新聞をとっている友人知人に話をして物件情報が載っているチラシだけを譲ってもらえるようにしましょう。インターネット検索でお住まいの地域名の後に「新築建売」と入力すれば販売業者を見つけられることがあります。